放送5周年を記念して原作のオノ・ナツメ先生や、
スタッフ、キャストの皆さんにコメントをいただきました。

STAFF

原作 オノ・ナツメ 先生

5周年おめでとうございます!!
もう5年! という驚きと、長く愛される作品にして頂いたことへ改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

お気に入りのシーン

第2話の「管轄外だ」のジーンがかっこよくて好きです。
あとやはり1話から始まり最終話へと続く一話一話の演出が素晴らしかったと思います。

監督 夏目真悟 さん

アニメACCA5周年おめでとうございます!再放送も嬉しいですね!
放送から5年経ちましたが、いまだにアニメの制作現場で「ACCA好きなんです」と言われることがあります。
ACCAが長く愛されていて、改めてこの作品に関われてよかったなと思います。
これから10周年、20周年と続くことを願っています!

お気に入りのシーン

自分はジーンとニーノの関係性が好きなので、5話で雪の森で二人が歩いているところや、8話の夜の街での二人の会話などがまず思い浮かびます。
抗えない運命の中での二人の友情にはグッときます。
あと同じ8話ですがシュネーとアーベントの関係性も美しくて好きです。

シリーズ構成・脚本 鈴木智尋 さん

5周年。「タイトルは何と読むのだろうか」とか「ニーノ、30年ってなんだ?!」などと胸を躍らせていた頃からもう5年ですか…。当時と比べると、タイトルもすっかり浸透し、「これってエーシーシーエーって読むの?」といったコメントを目にする機会もすっかりなくなりました。これも一重に応援して下さっている皆様のおかげだと感じます。本当にありがとうございます。
アニメACCA5周年、おめでとうございます!

お気に入りのシーン

5話のビッラの森でのシーンです。好きな話数、好きなシーンは本当にたくさんあり、選びがたいのですが、ジーンとニーノの物語、Regardsを経ての5周年という所で振り返りますと、ここが起点といいますか、分岐点といいますか…。噛めば噛むほど味わい深いシーンだと改めて感じました。ニーノには雪が似合うと個人的には思いますね。

キャラクターデザイン 久貝典史 さん

ジーン・ニーノお誕生日イラスト

音楽 高橋 諒 さん

ACCA放送5周年おめでとうございます!
ACCAは私自身にとっても特別な意味を持つ作品であり続けています。オノ先生、尊敬するスタッフの皆様とご一緒できた日々と共に、ファンの皆様にも愛情を育て続けて頂いて、何度でも帰って来たいと思う場所になりました。皆様にとっても、いつまでもそうであれるように、心を込めて作った音楽と作品に流れるすべての瞬間を、これからも楽しんで頂ければ幸いです。

お気に入りのシーン

数えきれない程ありますが、挙げるならやはり最終話のクライマックスシーンです。12話分引っ張って登場したメインテーマ曲に、物語と個人的なカタルシスが一体となって感情が大変でした。またすべての瞬間が悲しく、美しかった8話も外せません。

OPアーティスト ONE Ⅲ NOTES PON さん

アニメ5周年本当におめでとうございます。
こんなにもファンの皆様やスタッフの皆様に愛され続ける作品に携わることができ、とても幸せだと改めて感じました。またいつか ONE Ⅲ NOTES で歌わせていただけることを夢見ています。

お気に入りのシーン

第8話の回想シーンでジーンの後ろに隠れた人見知り気味のロッタちゃんが、ニーノの手品に瞳をキラキラさせる場面が本当に可愛くて可愛くて可愛くてお気に入りです…!

OPアーティスト ONE Ⅲ NOTES Foggy-D さん

アニメACCA13区監察課、放送から5周年おめでとうございます!
僕のラップがテレビから流れてきたあの日から5年。あの時のワクワクと感動は今でも鮮明に覚えています。
僕の転機になったこの作品に関われたことを本当に嬉しく思います。
これからも10年、20年と一緒にACCA13区監察課を愛していきましょう!

お気に入りのシーン

お気に入りのシーンはほんっとうにたくさんあるのですが、僕が一番好きなシーンは「5話」のジーンとニーノが雪山で会話をするシーンですね。
2人の関係性や信頼感が言葉数が少ない中で伝わってくるあのシーンがお気に入りです!

EDアーティスト 結城アイラ さん

5周年おめでとうございます!あっという間に感じるのは、それだけACCAという作品への思い出が深く、常にそばに感じていたからだと思います。そして改めて作品をもう一度観直してみたのですが、やはり独特な雰囲気のある唯一無二の作品だなあと思いました。チームの一員として関わらせていただけたことを誇りに思うのと同時にこれからも変わらず大好きです!

お気に入りのシーン

迷いどころですがやはり8話ですかね!挿入歌の「It's my life」を歌わせていただいてるというのもありますが純粋に、シュネー姫が自分の人生のために一歩踏み出していく凛々しさとそれを送り出す国王やアーベントの思いやりが見えるやりとりに毎回グッときます。ACCAではそういうふとした人間と人間の想いのドラマを見せてくれるところも魅力に感じてます!

音響監督 はたしょう二 さん

アニメACCA、TV放送から祝5周年!おめでとうございます。
何やら一挙配信・・・まだまだ展開あるのかな??
またまたACCA楽しみます!!

お気に入りのシーン

タバコとパンの描き方、好きです。
モーヴ本部長推しを公言していますが、パン屋でジーンに会ったり、並んで待ってるシーンいいですね。
何より#12のクーデターの大芝居、かっこいいです。録ってる時から感動してました。

美術監督 吉岡誠子 さん

ACCAのTV放送から5周年おめでとうございます!ファンの皆さんと一緒にお祝いできることが嬉しいです。 ACCAは今でも私にとって本当に大切な作品です、ジーンやニーノ、ロッタちゃん達が生きる世界を描くのが楽しかったです。そしてACCAのチームはとても熱量が高くて楽しい現場でした、またこうやって5周年をお祝いできて嬉しいです!

お気に入りのシーン

どれも好きな話数なので難しいのですが、美術的にお気に入りの話数は8話です。 シリーズの中でも重要な話数なのですが、美術的にもシーンごとに心境に合わせて背景の色やデザインを変えてとても挑戦した話数でした。美術ボードの数がとても多く色彩設計の橋本さんに驚かれたことも覚えています。 ACCAは区ごとに建物や空の色を変化させて描いていたのでいつも看板や街のデザインを考えるのが楽しかったです。

撮影監督 伏原あかね さん

5周年おめでとうございます。たくさんの方に愛される素敵な作品に関わることができて本当に嬉しく思います。
個人的にも撮影処理の絵作りでこだわったカットが多くある作品なので、思い入れも人一倍です。
これからもよろしくお願い致します。

お気に入りのシーン

フラワウがメインで描かれている11話です。フラワウがアニメで色と音が付いたときに街並みが華やかで美しい印象なのに、どこか不穏で薄ら暗い雰囲気がよく描かれており、ギャップがすごすぎて非常に衝撃を受けました。また中盤でニーノが撃たれる銃のパーツに鳥モチーフのものがあるのを発見したときは作画さんの遊び心と、どのスタッフもこの作品が大好きで楽しく作っているのが感じられて嬉しかったのをよく覚えています。

編集 木村佳史子 さん

5周年おめでとうございます!
時間が経つのは早いですね。
今でもこの作品が大好きという人に沢山会います。
こんな愛されている作品に参加できたこと、本当にうれしく思います。

お気に入りのシーン

#08のニーノがジーンに「見守ることにした」ことを伝えるシーンです。
奥が微かに明るい夜闇の中、真実を告げ去っていくニーノ。あの数カットになぜか心が救われる。
2人の関係がこれ以上でもこれ以下でもない、だけど深く繋がりを感じる、私にとって大好きなシーンです。

演出 八田洋介 さん

アニメ『ACCA13区監察課』5周年おめでとうございます!
胸に一物抱えたキャラクターたちが織り成す物語は見ごたえ抜群で、観るのも作るのも楽しい素敵な作品でした。そんな作品に少しでも関わることができて幸せだったなと思います。
応援してくださっている皆様、ありがとうございます!そして「まだ見ていないよ」という皆様、ぜひともご視聴ください!

お気に入りのシーン

7話の菓子店のシーンから宿でニーノが寝落ちるまでのシーン。8話のニーノの過去。12話のラストシーンです。
ニーノやアーベント、ニーノの父親。ジーンを陰ながら見守り、支えた人達の様々な想いに心が動かされます。

OVA監督 斎藤圭一郎 さん

テレビシリーズに運良く携わらせていただいた時はまだ、自分もパロットのような新米アニメーターだったのですが、近頃はジーンのような立ち回りも増え5年という年月の重みを感じます。次の節目にはモーヴ本部長クラスになれるよう頑張りたいですね。
改めまして5周年おめでとうございます。

お気に入りのシーン

やはり自分で演出したOVAは思い入れが深いです。
特にラストのロッタとジーンのやり取りは、2人がこの世界に確かに生きていて、これからも豊かに暮らしていくんだな…と思えるような、そんな素敵な芝居を原画担当の澤田英彦さんが描いてくださり、今でも見返すと溜息と共に幸せな涙が出そうになります。

CAST

ジーン・オータス役 下野 紘 さん

アニメACCA5周年、おめでとうございます!
もうそんなに経つんですね…アフレコ以前のボクからすれば、ジーン・オータスは新境地とも言えるキャラクターでした。
ジーンに出会えたからこそ、表現の幅が広がり、今もボクに繋がっている…そう思うと、ホント、ジーンに、ACCAという作品に出会えて良かったなって思います!
アニメACCA自体は終了してしまいましたが…また何かの形で演じられないかな〜なんて個人的には思っておりますが…
引き続き『ACCA』を応援してやってくださいっ!よろしくお願いしますっ!!

お気に入りのシーン

いろんなシーンに思い入れがありますが、個人的には11話、入院中のニーノの言葉に対して、感情をぶつけるシーンですね。
普段…というか、どんな状況においても冷静なジーンが、こんなに怒りを露わにするっていうのが初めてだったので、演じているボク自身驚きました。
それだけニーノは、ロッタにとって、ジーンにとって、かけがえのない…家族と言っても過言ではない存在なんだなって。
そんなジーンの思いが垣間見えるこのシーンがお気に入りです。

ニーノ役 津田健次郎 さん

5周年おめでとうございます。
5周年を迎えた今でも応援して頂ける事をとても嬉しく思います。
これからも、ずっとずっとACCAを応援して頂けると幸いです。
本当にありがとうございます。

お気に入りのシーン

全部です、どのシーンも素敵ですから(笑)予告すら凝っていて印象的です。
1話の一番最初ジーンが煙草を吸う所とか、ニーノがロッタとカフェで話しているシーンとか、ジーンとニーノが雪の中を静かに歩いているシーンとか、ニーノの過去話とか、お菓子とか食べ物とか…等々沢山あり過ぎて(笑)
とにかく、ジーンとロッタとニーノ3人が特に好きなので彼等のシーンは更に好きです。

ロッタ役 悠木 碧 さん

アニメACCA5周年おめでとうございます!また、ファンの皆様、長らく応援していただきありがとうございます。私がACCAで特別だなぁと思うことは、いつ見返してもかっこよさが変わらない点です。アニメって時間が経って見返すと結構注目するポイントが変わったりするんですが、ACCAの大人たちって自分がどんなに大人になってもスマートでかっこいい大人なんですよね。大人もずっと憧れられる作品って素敵だなぁと思います。これからもお兄ちゃんを囲む素敵な大人達に憧れつつ、ロッタに寄り添えたらいいなぁと思います。また演じる機会がありますように。

お気に入りのシーン

ACCAといえば数々の美味しいご飯のシーン!特にロッタは大体いつも美味しいご飯と一緒に出てきます(笑)何話、と指定は無いのですが、どんな立場の人も美味しいご飯が好きなのは、なんかいいなぁと思っていました。

グロッシュラー役 諏訪部順一 さん

もう5年!月日が経つのは早いものです。オノ・ナツメ先生の原作が持つ雰囲気を見事に落とし込んだ秀作アニメ!グロッシュラー氏を通じてあの世界に関わる事が出来て本当に良かったと思っています。この機会に改めて全話鑑賞するしかッ。未見の方、もったいないから絶対観た方がイイですよ!

お気に入りのシーン

全部です!まぁそれも無粋な答えかもしれませんので、グロッシュラー氏絡みのところでセレクトすると、第9話ラストのグロッシュラー&リーリウムによるジワジワと緊張感が高まっていく会話のシーンでしょうか。何ていうか……ある種の性癖をお持ちの皆様にはエモさ爆発な感じです(笑)

リーリウム役 遊佐浩二 さん

5周年とは!早いものです。アニメではOVAも作られましたし、朗読音楽劇も無観客収録含め三回やらせていただきました。すごく思い出深い作品なので、長く応援していただけることに感謝しております。ぜひまたこの作品に携われる機会があることを切に願っております!

お気に入りのシーン

クーデター阻止の際モーヴ本部長が出てきてからの流れが好きですね。モーヴさんがかっこいいし、音楽も素晴らしい。
ジーンが語り出すところなんかは、僕がしてやられる立場なのを忘れるほど気持ちいいシーンです。後で冷静になると悔しいんですけどね(笑)
リーリウムとしてはグロッシュラーの髪を掴んで「やるんだよ、君が」というところは印象的でした。

スペード役 大川 透 さん

5周年おめでとうございます!放送から、もう5年も経つんですね。
でも、あまり時が過ぎた感じがしていません。昨日の事のようです。本当に楽しい作品で楽しい収録でした!

お気に入りのシーン

主人公のジーンが各区に調査に行くのですが、それらの区がそれぞれに魅力的で、バラエティに富んでいました。
行ってみたいと思わせるのに十分。お国めぐりだけでも興味が尽きない作品だと思います!
その中でひとつに決めるなんて無理です!全部面白かった!

パスティス役 緑川 光 さん

もう5周年ですか。早いですね。『ACCA』は、独特な世界観のお話で、個人的にも印象深い作品でした。役柄的にも、あまりやらない感じでしたし(笑)。もしまだご覧になってない方がいらっしゃいましたら、是非ご覧下さい。個人的にオススメです。お洒落な楽曲に包まれて、アダルティな世界に浸って下さいませ。

お気に入りのシーン

私は、第4話「閉ざされた『国』のくすぶり」を上げさせて頂きます。何故かと言うと、自分の演じるパスティスが沢山喋っているからです(笑)。そもそも、ストーリーの本筋にグイグイ絡んでくるキャラクターではないので、多めに喋っていると言うだけで、緑川的に貴重な回なのですよ(苦笑)。この回はパスティスの出身、スイツ区のお話でもありますしね。ウォーブラーの日野聡クンとビスキュイの古川慎クンの良い声をたっぷり堪能出来るのも良きです♪

パイン役 安元洋貴 さん

五年ですか。早いものです。でもACCAは個人的にちょいちょい見直しているのでそんな時か経っている感覚がなかったです。
色々あった作品です。色々乗り越えた作品です。
だから、俺は一生この作品を忘れることは無いと思います。
また、朗読とかを「完璧」な状態でやりたいものです。そのためにも皆様、これからも愛してください。

お気に入りのシーン

ラストのリーリウムの顔。
言葉にするのが難しいんですが、勝者でも敗者でも強者でも弱者でも無い、絶妙な人間。
全てが絡みついて流れて、そこに行き着いた時、ああ言う顔になるのか、と不思議な気持ちで見ています。

モーヴ役 田中敦子 さん

TVアニメ『ACCA13区監察課』5周年おめでとうございます!
モーヴ本部長として過ごした日々がまるで夢のようです。
5周年の一挙配信などで、私もまたこの大人びた世界観と思い出に浸りたいとワクワクしています。
どうかこれからも末永く『ACCA13区監察課』を愛していただけたら幸せです。

お気に入りのシーン

ジーンとニーノの会話はいつもミステリアスで大好きでした。

ポチャード役 後藤ヒロキ さん

「ACCA13区監察課」5周年おめでとうございます!オノ・ナツメ先生の作品に出られた!という僕にとって思い入れのある作品です!
「COPPERS」という作品から先生のファンだったので本当に嬉しかったです!当時はまだ出演者が全員スタジオに揃って収録していたので、マイク前でバッチバチなセリフの情報戦が繰り広げられていたのがたまらなく痺れてました。カッコよかった!ACCA、本当に楽しかったです!

お気に入りのシーン

第3話「城にただよう噂の煙」です。本当に細かいところなのですがパーティのシーンに一瞬だけポチャードが出てきます。その時のセリフが「ムッフフ(笑)」のみなのです。ただ普通の笑いではなく「祝賀会ではきっと美味なるお菓子が出るはず!」の意味を含んだ「ムッフフ(笑)」なのです!・・・すみません、言いすぎました(笑) ポチャードの笑いを聞いて、皆様は彼からどんなニュアンスを受け取るのか楽しみです!

オウル役 上田燿司 さん

5周年おめでとうございます!見て下さった皆さんと、スタッフからもキャストからも愛され、イベントの中止→OVA→復活開催と、最近まで関わらせていただいたので、長いようで短い5年でした。こんなにも心に残る作品に参加できて光栄です。
 この5年で環境や状況が変わったかたも多々おられるかと。是非また見直して下さい。きっと前とは違う感覚があると思います。

お気に入りのシーン

第8話の、事故直後のニーノとアーベントの電話のシーンです。お互いにギリギリの精神状態で、それを押さえ込んでの会話。こんな時が来てしまったという厳しい現実と、いやむしろこの時こそ、任務に忠実であらねばならないという強い意志。2人とも張り裂けそうな思いを抱えながらのやり取りは強く印象に残っています。

ノット役 前野智昭 さん

月日が流れても未だに多くの方に愛して頂いている作品に携われた事、とても嬉しく思います。
大人な雰囲気な作品だなという第一印象から、伏線やキャラクターの関係性に惹かれ、毎話のアフレコが楽しみだった当時の思い出が鮮明に思い出されます。
最終話ではそれぞれのキャラクターが良い形でフィナーレを迎えられたかと思いますが、引き続き作品の中で生き続けている彼らを愛して頂けると幸いです。

お気に入りのシーン

やはり第1話の初登場のシーンです。コロナ前だったので全員でのアフレコ時、テストでノットを演じたらキャストの皆さんから『これは奥さんに逃げられそう(笑)』とお褒めの言葉(?)を頂いたのがとても記憶に残っています。そんなノットも今は家族で仲良く暮らしてるのかなと思うと自然と顔が綻びます。

レイル役 八代 拓 さん

レイルを演じさせていただきました八代拓です。まずは5周年本当におめでとうございます。初めてこの作品の現場に立ったとき、錚々たる先輩方の中での参加に、緊張で足が震えていたのを覚えています。それでもこの作品のもつ独特の緊張感と、その中に見え隠れする人の温かさがそのまま現場の空気にも感じられて、本当に楽しかったです。このような作品にまた携われるように…という気持ちを今でも大切にさせていただいていますし、感謝の気持ちでいっぱいです。改めて、おめでとうございます。

お気に入りのシーン

個人的な部分で恐縮ですが、ロッタに一目惚れして以降のレイルの照れ混じりになるシーンは演じていて楽しかったです。彼の境遇や生い立ちから、とてもプライドが高く口の悪い部分も多々あったのですが、その時だけは年相応な男の子に感じられ、背伸びが上手くできない感じがでていて好きでした。彼くらいの年齢だと、自分の経験値以上のことを常に求めるのに、それをできるだけの能力や精神力をもてなかったりして。その自覚がまた歯痒いというような、この作品においては珍しい青さをもったキャラクターだと感じます。

シュヴァーン役 宮野真守 さん

アニメACCA放送5周年、おめでとうございます!僕の演じた「シュヴァーン」は、「馬鹿王子」と呼ばれているという事で、宮野の全力を持って、思いっきり表現していた事を覚えています。収録後、津田さんや悠木さんたちと、ご飯に行ったりしたことも素敵な思い出です。とにかく、とっても楽しい現場でした!

お気に入りのシーン

マギー役の上村祐翔くんとのやりとりは、事務所のリアル後輩と言うこともあって、思いっきり傲慢にいけました(笑)そんなシュヴァーンは、現場でも「うるさいなー」と言われがちでしたが、僕はその中でも実は頭が切れる、狡猾なシーンが好きでした。

マギー役 上村祐翔 さん

5周年おめでとうございます!振り返ると、素敵な役者の先輩方が作ってくださった程よい緊張感の中の収録現場は、毎週勉強になることばかりでした。そんな中で、淡々と職務をこなしながらも食パンを目の前にすると可愛らしい表情を見せる、魅力あふれるマギーを演じられて光栄でした。ミステリアスでユーモラスな唯一無二の作品に参加できたことを誇りに思います。これからもたくさんの方に愛される作品になりますように!どうぞよろしくお願いします!

お気に入りのシーン

第5話冒頭、カフェでマギーとレイルが出会うシーンです。ACCAと言えばおいしそうなパン!普段淡々とクールに職務を全うするマギーくんが夢中になって食パンを頬張るところが可愛くて印象深いです。収録当時ご飯派だった僕は、マギーくんの気持ちを知ろうと、初めて「生食パン」を食べて感動し、それがきっかけで完全なパン派になりました!役を通して学ぶことのできた、素敵な出会いに感謝です!

パロット役 小林千晃 さん

5周年おめでとうございます!
僕はパロット役としてOVAからの参加だったのもあり緊張していたのですが、ACCAファミリーの方々にとても温かく迎え入れていただけたことを今でもよく覚えています。
そんな素敵な座組だからこそ、こうして長く沢山の方に愛されているのだろうなと思いました。これからも僕らと一緒にACCAを愛し続けていただけると幸いです。

お気に入りのシーン

僕のお気に入りシーンは、OVA終盤の「ジーンから煙草を貰って咽せるパロット」です。
序盤は上官であるジーンに対して生真面目が故に信頼しきれていないパロットでしたが、最終的には自分の未熟さを理解し、嫌っていた煙草を受け取って一緒に吸うまでになりました。
これまで二人きりの時には見られなかったくだけた表情も相まって、今後は良い関係になっていきそうだなと明るい未来を感じさせられる、凄く好きなシーンです。