ドーワー王国

13の区に分かれた地方自治制の王国。13区それぞれが独自の文化を築いている。首都はバードン区。

ACCA

成り立ち

約100年前に起こったクーデターにより、ドーワー王国では13の区に自治が認められた。その際に、国民の生活を守る目的で、政治と切り離された民間組織“ACCA”が組成された。“ACCA”という組織名の由来は平和の象徴である鳥の名前。

お仕事

ACCAの役割は、国民の平和な生活を守ること。バードンにある本部を中心に各区に支部を置き、警察局や交通局、医療局など、国民の生活を支える業務を担っている。13区の支部はそれぞれ独自に運営され、本部はそれを取りまとめるのが主な役割。

ACCA本部

首都バードンにあり、主に13支部の取りまとめを行う。支部よりも入局試験の難易度が高く、本部局員はエリート揃い。監察課も本部に所属している。

ACCA支部

13区それぞれに支部がある。支部局員は各区の出身者で構成されており、運営は各自治区に任されている。

監察課

各区のACCA支部に本部監察課から局員を派遣、駐在させ、各支部の日々の業務データを管理している。さらに、監察課の上役が実際に各支部に赴き不定期の視察を行うなど、日々の業務に支障や不正がないか監視の目を光らせている。この視察がジーンのお仕事。

支部駐在監察課局員について

  • 毎日決まった時間に、担当支部の業務データを専用回線で本部に報告する。
  • 各支部にリーダーと副リーダー、東西南北の各署に2名ずつ、計10名が駐在している。
  • 地方局員との癒着防止のため、基本的に2年に1度担当地区の交代がある。
5長官

ACCAトップの役職。5長官会議によって様々なことを協議して取り決めている。

制服

ACCA13支部の制服は、各区の文化や気候に合わせて個性豊か。

おやつ

ドーワー王国民はおやつが大好き。スイーツだけでなく甘いパンなど種類も豊富。本部監察課では、毎日10時と3時におやつの時間を楽しんでいる。ジーンの各支部視察も課へのおみやげは必須。

ドーワー家

99歳のお誕生日を迎える国王は、約100年続いてきたドーワー王国の平和の象徴。王家の住むお城はドーワー区にある。現国王の孫、シュヴァーン王子は随分わがままで、ACCAの存在が気に入らないという噂が…。

タバコ

ドーワー王国では高額な税金が課せられているため、タバコは貴重な嗜好品。庶民は手を出せないので、街中でタバコを吸うとかなり目立つ。